KoH T-デニムのお手入れBOOK

KoH T-デニムのお手入れBOOK

【デニムのお手入れBOOK】

できればご自宅でケアして頂いた方が長く綺麗に着ることができます。
数年に1度のクリーニングよりも、日常でこまめに自分自身でケアする方がおすすめです。
カジュアル使いならネットに入れて洗濯機でOK。ですが、もっと長く、傷めずにお手入れする方法があります。

用意するものは、スポンジ、石けん、おしゃれ着用洗剤。ただし、スポンジは必ず研磨剤の入っていないタイプを。研磨剤入りのスポンジを使うと、洋服を傷める原因となってしまいます。

スポンジで部分汚れ落としや、シャワーを使って表面を洗う方法がおすすめです。 こすりすぎないようにやさしく洗うということ。そして、綿素材は水分を吸ってしまうと乾きにくいので、なるべく水に浸しすぎないよう表面の汚れだけを取るイメージでスピーディーに行ってください。
特別汚れた部分、襟裏、袖口だけでもシーズンが終わった時にやっておくと変色など防げます。

 

1.汚れをチェック

まずはどこが汚れているのかを入念にチェック。汚れがどこに付着しているかを知ることで、無駄に素材を傷めずに済みます。汗をかきやすい首まわりはもちろんのこと、手で触れる機会の多いポケット部分や前面のボタン・ファスナー部分、袖や裾は汚れやすいのでしっかりと確認しましょう。

2.汚れ部分をスポンジでぬらす

洗う前の下準備として、水をふくませたスポンジで、汚れた部分をぬらしていきます。

3.汚れた部分に直接石けんを塗る

黒ずんだ汚れに一番効果的なのが、石けんです。スポンジ洗いする前に、石けんをまんべんなくつけていきましょう。全体を洗う前に、襟裏などの特にしつこそうな汚れはピンポイントでスポンジでこすっておきましょう。綿はささっとスピーディーにこするのがポイントです。

4.中性洗剤を薄めたものをスポンジに含ませ全体をこする

水でも大丈夫ですが、できればぬるま湯1Lに小さじ半分程度の中性洗剤を溶かして、スポンジに含せます。それで表面全体を洗っていくのですが、力を入れすぎないように表面を中心になでるように洗いましょう。

5.内側も忘れずに洗う

表面と比べれば汚れにくい内側ですが、ワンシーズン着ればそれなりの汗や汚れが付着するのでしっかり洗いましょう。

6.ぬるま湯ですすぐ

洗い終わったら、ぬるま湯もしくは水で軽くすすぎます。表面の泡が完全になくなるまですすいでください。

7.洗濯機で脱水する

ここから3分間脱水していきます。3分間一気に脱水してもいいのですが、どうしてもシワができやすくなります。シワを防ぎたいなら、1分ごとに脱水を止めて、形を整えてからまた脱水するようにしてください。こうするとシワがつきにくいので、きれいに仕上がります。

8.形を整えて干す

しっかりと形を整えてから干すと乾いたときの仕上がりがきれいになります。ジャケットは肩幅と厚みの合う、太めのハンガーに吊るしましょう。肩の形状が蘇ります。ファスナーやボタンなどはすべて開けて、通気性を確保しておくのが早く乾かすコツ。 浴室乾燥機で乾かすのもアリです。洗濯後に変なにおいがする場合は、生乾きの証拠。形を整えて干し直すことで、においは取れます。

- POINT -

・一度褪せた色は洗濯では復活しないので、汚れを放置して色あせしないように、そのシーズンの汚れはそのシーズンのうちに落とすことが大切です。
・スプレータイプの消臭剤を吹きかけるのもいいですが、生地に成分が残るのが気になることも。実はタバコや焼き肉のにおいは、外に干して風に当てておくだけでほとんど取れます。
・着ようとしてジャケットにカビが生えたからといって捨てるのはまだ早いです。カビが生えてしまっても、白いカビで表面だけだったら今回の要領で洗えば大丈夫。湿気がカビの原因となるので、洗い終わったらしっかりと乾燥させましょう。黒カビの場合は、家庭での洗濯では難しいので、プロにお任せすることをおすすめします。


このように、デニムセットアップを次のシーズンもまた気持ちよく着られるようにするためには、シーズン終わりのお手入れはマストです。 自宅で手軽に洗えるので、ぜひ試してみてください。

 

SHIN-KAI デニム ジャケットはこちら

 

ブログに戻る